読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家のトルコ料理

旅行をきっかけに1日3食トルコ料理になった我が家の食卓をレシピとともに紹介

適当さがまた魅力。トルコの料理家たち

 f:id:chikaekmek:20160124214346j:plain

トルコのグッチ祐三?Oktay Usta(オクタイ・ウスタ)が我が家のトルコ料理を支えています。Amazonで試しに1冊買って当たりだったので、シリーズ買いしたそうです。読みすぎてボロボロかと思いきや、届いた次の日に自然とばらけたらしい(不良品w)。

Oktay Usta ile Mutfak Keyfi

Oktay Usta ile Mutfak Keyfi

 

このグッチ祐三はトルコで大人気の料理家で、本もたくさん出していますが、母いわく2冊目からゴーストライターレシピのトーンが全く違うらしいです。

日本ではありえない、大変な適当さが魅力。例えば…このページ、何のレシピだと思いますか?

f:id:chikaekmek:20160124214550j:plain

正解=レタスとサーモンのサラダ。

えっこの左のイラスト何?未確認生物?そもそも食材に見えない…

f:id:chikaekmek:20160124220205j:plain

こちらはズッキーニとクルミのサラダ。調理をしてくれよ!完成した料理を見せてくれよ!

こんなのばかりでつっこみどころ満載ですが、どれも美味しいです。

彼以外にも、トルコ人のYoutubeやブログを参考にしていますが、適当さが散見されます。これなんかやばいです(笑)2分頃から突然、早送り設定になってめちゃ早口になったり、コップ4杯分と伝えていた小麦粉を途中で大量に足したり、撮影の途中で違うものも作りたくなって同時に作り始めたりなど、やりたい放題。

www.youtube.com

母はそんな適当さもひっくるめてトルコ料理が大好きだそうです。いつも爆笑しながら楽しそうに見ています。以前は、私がトルコ料理を教えてもらおうと分量を聞いても「適当に入れなきゃ、トルコ料理じゃない」と謎の持論を展開し、おもむろに袋をかたむけてドバアアアと入れ始めましたが、いまは、計らないとブログに書けないと諭して計ってもらっています。

ウェブサイトでよく参考にしているのは、トルコ版Cookpad「Nefis Yemek Tarifleri」。

www.nefisyemektarifleri.com

トルコ語で何も読めません(笑)母が日々辞書を片手に夢中で解読していますので、これからも日本初上陸の本場レシピをお楽しみください。