読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家のトルコ料理

旅行をきっかけに1日3食トルコ料理になった我が家の食卓をレシピとともに紹介

トルコのスクランブルエッグ「メネメン」で優雅な朝ごはん

f:id:chikaekmek:20160228145845j:plain

いつもとひと味違う朝食でのんびりと休日をスタートさせたいとき、簡単にパワーチャージしたいとき、ピーマンとトマトがたっぷり入ったトルコのスクランブルエッグ「Menemen(メネメン)」がおすすめ!メネメンのイントネーションは「具志堅」でお願いします(笑)

バターは使わないのでとてもヘルシー。トマトとピーマンがこんなに合うと知ったら、卵だけのスクランブルエッグには興味がなくなってしまいました。日本のホテルもふわふわばかり追求していないで、このベチャベチャな美味しさに早く気づけばいいのに!ピーマンが苦手な人でも美味しく食べられます。トルコでは定番の家庭料理です。手順4までたくさん作り、瓶詰めにして冷蔵保存しておき、食べるときに卵を入れる人も多いみたい。休日の朝ごはんにいかがですかー?

材料(2人前)

  • ピーマン・・・・・・・・3個
  • トマト(トマト缶もOK)・・・・・・・・3個(1缶)
  • 卵・・・・・・・・2個
  • 塩・・・・・・・・小さじ1/2
  • オリーブオイル・・・・・・・・大さじ2
  • あればイタリアンパセリ・・・・・・・・お好みで飾りに

作り方

  1. ピーマンを細かく(縦に細く切ってから、横に)切る

    f:id:chikaekmek:20160228153616j:plain

  2. フライパンにピーマンとオリーブオイルを入れる(オリーブオイルを後にすると、水分がはねなくて良い)
  3. ピーマンがオリーブオイルとなじんだら、トマトを投入。冬なのでトマトの水煮缶を使いましたが、トマトが美味しい季節なら生のトマトを細かく切って入れた方が、色も味もさらにおいしくなります。トマト缶の場合は、ダイストマト缶を使うと便利。今回はホール缶をへらでつぶして使いました。f:id:chikaekmek:20160228154103j:plain
  4. 混ぜたら蓋をして5~6分、火を入れる。写真のように濃度がつくまで

    f:id:chikaekmek:20160228154249j:plain

  5. 卵と塩を投入して(卵多めが好きな人は3つ)、さっと混ぜて火を止める

    f:id:chikaekmek:20160228154406j:plain

  6. 混ぜながら余熱で火をいれる。ここで溶けるチーズをいれるとボリュームのあるメネメンになります

    f:id:chikaekmek:20160228154620j:plain

  7. お好みでイタリアンパセリを散らして出来上がり!パンとの相性抜群

    f:id:chikaekmek:20160228154800j:plain