読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家のトルコ料理

旅行をきっかけに1日3食トルコ料理になった我が家の食卓をレシピとともに紹介

さっぱりピクルスが決め手!大人のポテトサラダ

 f:id:chikaekmek:20160117204303j:plain

ちょっとしたおもてなしにぴったりの、Pembe Soslu Patates Salatası (ペンベ・ソスル・パタテス・サラタス)。「ピンクソースのポテトサラダ」の意味だそうです。ケーキのようにかわいい見た目で、普段の料理はもちろん、ホームパーティでも大活躍。

私は昔から日本のポテトサラダも大好きですが、渇望して食べるわりに3口で飽きるんですよね。美味しいけど、マヨネーズをたくさん使うから、こってり&甘くなりすぎるのかな。

トルコのポテトサラダはソースがヨーグルトベースなので、とてもさっぱりしていて、ばくばくいけます。ソース以外の塩気はピクルスのみというのもポイント!見た目が明太もんじゃですが、すべてソースなわけではなく、へりに乗っています。一度食べたら、いつものポテトサラダには戻れないかも!

材料(4人分)

  • じゃがいも・・・・・・・・6個
  • イタリアンパセリ・・・・・・・・4、5本
  • キュウリのピクルス・・・・・・・・お椀に1杯(なかなか見つからないかもしれませんが、ベストは砂糖不使用の甘くないトルコのピクルスです。せいぜい3センチのミニサイズが特徴。なければ、キュウリを細かく切って塩もみでもいいかも。トルコピクルスの漬け方をいずれ探し出します(母抱負)
  • 細ネギ(万能ネギ)・・・・・・・・5本
  • レモン・・・・・・・・1個
  • オリーブオイル・・・・・・・・1/4カップ
  • ミント・・・・・・・・お好みで適量
  • 粉パプリカ・・・・・・・・お好みで適量
(ソース用)
  • ヨーグルト・・・・・・・・1カップ
  • マヨネーズ・・・・・・・・大さじ2
  • ケチャップ・・・・・・・・大さじ2
  • ・・・・・・・・ひとつまみ
  • こしょう・・・・・・・・ひとつまみ

作り方

  1. じゃがいもを洗って、皮つきのままゆでる。圧力鍋の場合は、カップ1の水を入れて、鍋に入る大きさのざるにじゃがいもをのせて強火にかける。沸騰したら、弱火にして5分。火を止めて、レバーが下がるまで蒸す。普通鍋なら柔らかくなるまで(目安15分)。
  2. ゆであがったじゃがいもの皮をむいてボウルに入れ、マッシャーやフォークでつぶす
  3. ピクルスを細かく(薄く)切る。量はこんな感じ。微妙なサイズ表現。手は私の親友です(笑)

    f:id:chikaekmek:20160117212420j:plain

  4. 細ネギを小口切りにして、パセリも同じくらいの大きさに刻む
  5. ボウルにピクルス、細ネギ、パセリ、オリーブオイルをいれて混ぜる
  6. レモンをボウルにしぼる。トルコ料理に欠かせないレモン汁。母研究の結果、こんな感じにフォークを刺して、ぐるっと回すのが一番よく搾れるらしい

    f:id:chikaekmek:20160117212550j:plain

  7. ソースの材料を別の容器で混ぜる
  8. ケーキの型にボウルの中身(ポテトサラダ)を移す(型がなければ、深めの皿など好きな形のものを)。クッキングシートをへりに入れておくと、あとで簡単にひっくり返せます(なくてもOK)。ヘラで表面をペチペチ叩いて平らにする

    f:id:chikaekmek:20160117212936j:plain

    f:id:chikaekmek:20160117212954j:plain

  9. お皿の上にひっくり返す
  10. ソースを乗せるためにへりをつくる

    f:id:chikaekmek:20160117213130j:plain

  11.  ソースを流し込む

    f:id:chikaekmek:20160117213228j:plain

  12. お好みですり潰したミント(周りにちょこんと乗せてるの↓)と粉パプリカを飾り付けて完成!ふちをプチトマトで囲んでもかわいい 。ポテトサラダにミントを使うなんて日本にない発想!このひと手間でさらに美味しくなります。

    f:id:chikaekmek:20160117220428j:plain

4人分といってもかなり楽しめる分量ができます。ちょうど友人と兄夫婦がきていたので、6人で3時のおやつにペロッと平らげてしまいました。ソースの酸味が好みで、すぐまた作りたくなるー!